エストロゲンと大豆イソフラボンの効果の違いをチェック

ロゴ

サプリメントで摂取しましょう

エクオールや大豆イソフラボンの成分は食品から摂取することが可能ですが、効率的に摂取するならサプリメントが良いでしょう。どちらもバランスよく栄養摂取することで身体に良い効果を期待することができます。

似ているようで違う成分

サプリ

大豆イソフラボンとエクオールの違い

一見エクオールと大豆イソフラボンは同じような作用が期待されると認識している人も多いですが、実はこの2つの成分は働きがそれぞれ異なっています。その違いを把握して自分の身体に合った成分を摂取するようにしましょう。

エストロゲンの働きをする

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと一緒の働きをしてくれるという効果が期待されています。大豆イソフラボンは納豆や豆腐、きなこや味噌などに多く含まれています。調味料にも含まれるので調理法を工夫していきましょう。

働きを助けてくれる役割

閉経とともに女性ホルモンの分泌が減少していきますが、そのときに役立つのがエクオールです。エクオールは大豆イソフラボンと違ってエストロゲンの働きをすることはないですが、身体に必要なコラーゲンなどの働きをサポートをしてくれるため、ホルモンバランスを整えてくれます。